二度目のマレーシア、ジョホールバルへ行く!!

スポンサーリンク
マレーシア
スポンサーリンク

マレーシアで2番目に大きい都市、
それがジョホールバルです。

クアラルンプールから2週間後、

またマレーシアに行ってきました。

シンガポーリアン達に今度ジョホールバルに一人で行くんだ、と言うと、ジョホールバルは危険だから本当に気をつけて!とみんなに言われました。

お金持ちに見えないようにボロボロの格好で行くんだよって。

そんなに怖い所なのかな?

と思いつつ、前日の夜に人のブログを漁っていると。

女性一人旅で、携帯電話を盗まれそうになった所を抵抗して、顔面ボコボコにされて血まみれになったという記事を発見、、。

ガクブルである、、。

でも行くって決めたもん!

念には念を、と言う事で、ボロボロのシャツにノーメイクで現地人化に。

というわけにもいかないので、メイクはいつも通り、目立たないように紺のユニクロTに、短パン、スニーカーとラフな格好に、

これだけは絶対盗まれてはならぬ!

と、シャツの下にミニポーチを忍ばせ、パスポートとEPカードと少しの現金を確保!

とゆう事で朝9時に家を出発!

筆者の家の近くからはバス170番が出ているのだが、このバス一本で行けるらしい。

とりあえず乗ってみた。

いつも通り、EZリンクカードでピピットな!

そう、行きも帰りもこのカードだけで行けるのだ。

往復約600円。

国境を越えて帰ってきても600円。

かつてこんなに安く海外旅行に行った事は一度もない。

ウッドランズチェックポイントまで1時間くらいだろうか、出国審査を済ます。

そこからまた170番のバスに乗って15分ほどいった所がジョホールバルの入り口だ。

バスの中はおしくらまんじゅう状態です。

入国審査を済ます。

ついに来たー‼︎

ジョホールバルです(//∇//)

なんやかんやで家から2時間で到着。

今回の目的は動物園、モール巡り。

早速、日が出ているうちに動物園へ行こう。

シンガポールでもお馴染みのGrabを使う。

使い方は簡単、現在地と行き先を入れると金額が出て迎えに来てくれる。

動物園まではなんと6リンギット。日本円で約160円。

激安‼︎シンガポールのバス一回分の料金くらいじゃね?

タクシーで女1人だとどこに連れていかれるか分からないけど、Grabなら評価システムなので安心。

到着!

動物園名 Zoo Johor

住所 Jalan Gertak Merah, Taman Istana, 80000 Johor Bahru, Johor, マレーシア

ジョホールバルの動物園何がすごいって、入場料がなんと20リンギット、約55円‼︎

これまた激安です(//∇//)

家族連れがかなり多い模様。

子供達が遊べるような遊具もあります。

では早速回ってみましょう。

ラクダさん発見〜

餌やってますね〜

そう、おじさんが餌を売ってて、ここでお客さんが餌を買って、餌やり体験できるシステムですね。

ラクダ近っ‼︎

結構のりだしてますね!

お土産やさんもあります

ドラエモン??

よく中国で見るやつですね!

ちなみにこのキーホルダーの金具部分、めっちゃ錆びてました、笑

こちらは結構クオリティ高い。

手書き感が可愛い❤️

子供はロバ?の乗車体験も出来るみたいですね。

猛獣が大好きな私はそのエリアに入り浸る。

トラさんひっくり返る
かっこいいっすな!
暑いよね〜

ライオンだってグデっちゃうよね〜

レアなポーズ

この子がいいポーズしてくれるんですよねー

喉が渇いてきたのでちょっとイップク。
んー、左はスイカ、真ん中はパイナップル、

右は、、分かりません!

という事で1番右端のフルーツドリンクを注文。

液体と一緒に果物の身も入ってます!

うん、激甘です‼︎

結局なんの果物か分かりませんでした。

そして見てくださいコレ!

シンガポールに来てからやたら目にする事の多いミロ。

分かりますか?
緑のパッケージに男の子がサッカーしている絵が載っている、そう、そのミロ!

が、このバケツにドーン‼︎

Miloって書いてるんでおそらくそのミロです。

そもそも何、パックに入ってるやつバラしてバケツにつっこんじゃったの?大量に?

もはやほんとにミロなのか分かりません。

飲みたくありません。。。ちなみにシンガポールではミロではなく、マイロと言います。

ゾウさんがいました。

こちらもお兄さんが餌を売っていて餌やり体験出来ます。

ザックリと全体回って、だいたい1時間ちょいだったと思います。

昔の動物園っぽくて、良い味出てます。

みなさんもシンガポールからひと足伸ばして、ジョホールバルの動物園へぜひ行ってみて下さい。

あくまでもシンガポールの動物園と比べてはいけません、笑。

では続きは続編で。

コメント

スポンサーリンク